NEWS ニュース

2016-03-17

Unity社との共同開発 「MARZA Movie Pipeline for Unity」

©MARZA ANIMATION PLANET INC.

©MARZA ANIMATION PLANET INC.

マーザ・アニメーションプラネット株式会社(本社:東京都品川区、代表取締役社長:前田雅尚、以下MARZA)は2016年サンフランシスコで開催されるゲームデベロッパーカンファレンス(GDC)において、ユニティ・テクノロジーズ・ジャパン合同会社(本社:東京都港区、代表取締役会長:豊田信夫、以下Unity社)と共同開発を行った「MARZA Movie Pipeline for Unity」を活用し、全編Unityでレンダリングされた短編映像作品「THE GIFT」(2016年4月にウェブサイトwww.marza-realtime.comでの公開を予定)の制作発表を行います。

この作品は、MARZAが得意とするハリウッドスタイルのCG映像制作ワークフローに新たにUnityを取り入れ、先進的な技術を基盤とした画期的な映像作品となっております。

これらの技術基盤を活用することにより、今までゲームエンジンでは表現が困難であった躍動感あふれる魅力的なキャラクターの動きや質感表現が可能となりました。また既存のCPUを使用するプリレンダーでの制作と比較して、GPUを使用することにより圧倒的なレンダリングスピードを実現し、CG映像制作にとって革新的なワークフローを確立しました。

映像制作にUnityを活用することにより、映像制作手法を根本的に変えることに加え、ゲーム、VRなど様々なプラットホームのデジタルコンテンツ開発に対し、データの共有を含めた有効活用、制作ラインのプラットホームを超えて統合していくことが可能になり、デジタルコンテンツ開発全般におよぼすインパクトは計り知れません。MARZAは今後もUnity社の協力のもと、今回のワークフローをさらに進化させて行くことを目指してまいります。  


<MARZA Movie Pipeline for Unityの主な機能>

豊かなアニメーション表現の追及
•Unity社と共同開発した Alembic Importer を使用
•豊かなアニメーション表現や高度で複雑なVFX表現をUnity上で再現

近代的な質感表現の導入
•キャラクターの肌を再現する Skin Shader
•キャラクターの瞳を表現する Eye Shader
•キャラクターの「毛」を表現する Fake Fur Shader

Shot Scene 自動構築による映像制作効率の飛躍的な向上
•必要なデータ(Asset, Camera, Animation) が自動的に Unity に読み込まれ、即時に映像の確認が可能
•構築後のシーンに対する Asset Update にも対応

映像作品としてのさらなるクオリティアップのために
Unityから Composite Software へ
•Unity社と共同開発した Frame Capture を使用
•Game View を OpenEXR 形式で連番画像ファイル出力
•Render Pass として画像成分を分離し Composite 作業を可能に

尚、今回の取り組みでは、MARZA Movie Pipeline for Unityとして開発した機能のうち重要な機能を一部UnityおよびCG映像制作の開発者コミュニティに還元することも目的の一つです。 映像産業でのスタンダードなフォーマットであるAlembicのインポート/エクスポートやNUKE等でのポストプロダクションを意識したOpenEXR形式でのフレームバッファ・エクスポーターの機能はMITライセンスにてオープンソースで提供しており、どなたでも自由にご活用いただけます。

●Alembic Importer / Exporter
https://github.com/unity3d-jp/AlembicImporter

●FrameCapturer
https://github.com/unity3d-jp/FrameCapturer


【マーザ・アニメーションプラネット株式会社について】
マーザ・アニメーションプラネット株式会社(以下、MARZA)は、セガのCGアニメーション開発部門を原点とした、セガサミーグループのCGアニメーションスタジオ。2009年にセガのCG映像制作事業を分社化した以降、長編作品のCGアニメーション制作に力を入れており、自社内での制作設備と体制を整えている。
2013年に公開された長編CGアニメ―ション映画『キャプテンハーロック』では、国内外の様々な賞を受賞するなど、 MARZAのCG映像制作技術は国内外から非常に高い評価を受けている。現在は、米国ソニー・ピクチャーズ エンタテインメントとの共同製作である長編映画『ソニック・ザ・ヘッジホッグ』を製作中。
MARZAは日本で唯一のグローバル市場をターゲットに置いたCGスタジオとして、新技術や映像表現に積極的に取組み、世界を見据えた事業展開で、最高のエンタテインメントを届けていく。

<MARZA代表作品>
■長編映画『キャプテンハーロック』
【受賞歴】
・「VFX-JAPANアワード2014」劇場公開アニメーション映画部門最優秀賞
・「国際3D協会 ルミエール・ジャパン・アワード 2013」グランプリ
・「3D CREATIVE ARTS AWARDS」外国アニメーション映画部門最優秀賞
■長編CG映画『バイオハザード』新作(現在製作中・2017年公開予定)
■長編映画『ソニック・ザ・ヘッジホッグ』(現在製作中・近年公開予定)
■短編映画『ムーム』(2016)制作
■短編映像『Sonic Night of the Werehog~ソニック&チップ 恐怖の館~』
■長編映画『暗殺教室』(2015)一部VFX制作  
■長編映画『日本のいちばん長い日』(2015)一部VFX制作
■リアルタイムCG映像『HAPPY FOREST』
【受賞歴】
・「VFX-JAPANアワード2016」先導的視覚果部門 最優秀賞


<本件に関する報道関係の方のお問い合わせ>
マーザ・アニメーションプラネット株式会社
担当:内田、立川、宇津野
Email:realtime_pr@marza.com
URL:http://marza-realtime.com

ユニティ・テクノロジー・ジャパン合同会社
広報/PR担当:松井
Email:pr@nity3d.co.jp